presse blog

ヨーロッパのアンティークとハンドクラフトのお店presseプレッセのブログ

 

-presse homepage-



最近の店や旅の写真をinstagramにupしています。

パソコンからご覧のお客様は,

web.stagram.comより、

右上のサーチボックスよりpresseと入力してご覧ください。

検索

Find me on...

今週金曜からの特集「北欧デザインのストイックなガラスたち」から、北欧ものではないものの、バウハウスのデザイナー、Wilhelm Wagenfeldのガラスストッカー。

また、1930年代のものと思われる、Electroluxのガラスストッカー。シンプルな美しさがあります。 

そのWilhelm Wagenfeldの流れを組むような、スウェーデンメーカーのSURTEの密閉ストッカー。WECKのように樹脂製の蓋をかませて圧力鍋で真空調理ができ、ジャムや肉などの長期保存を可能にしました。

リトアニアで見つけた木彫りの白うさぎと黒うさぎ

スウェーデンで見つけたクルミ割り器です。くちばしのような部分にくるみをはさんで割ります。細やかに彫られた模様と、よく使い込まれた木の風合いが、道具としても美しい一品です。

スウェーデンでみつけた古い白樺のショルダーバッグ。ストラップの短さが、コーディネートに味わいを加えます。

スウェーデン、オーランド島でみつけたハンドカーダー。使い込まれてやや使用感あります。

今週末の特集は、「バルト海をめぐる島の旅」です。スウェーデン・オーランド島、エストニアのムフ島、サーレマー島を巡った旅の記憶と共にいろいろな手仕事の道具をご紹介します。

本格的な編み物シーズンを前にHolst GarnのCoastが入って来ました。人気のブルー系、唯一の黄色Aconiteなど美しい色ばかり。今の季節にぴったりなセーター、ショールなどオススメです。

Bla Azur、Plum、Cordialなどたくさん入ってきました。今夜21:00からのご紹介です。

デンマークフェロー諸島のウールから作られたsirri yarnが入荷しました。2ply中細は編み込み帽子、ミトンなどの小物類にもオススメ。1カセ100gでたっぷり使えて
1380円のプライスも魅力です。

何気にこのフィンランドのパッチワーク風プリントの絶妙な柄バランスに気づく方は少ないのではないかと。どの模様も抑えた甘さがあります。

スッキリとしたストライプのVuokkoの布。

marimekko “Paivankakkara”、マリメッコの前身PRINTEX時代のものと、marimekko時代のものが並びます。

フィンランドのファブリックメーカーTamperaのcookコレクションの愛らしい小花模様のヴィンテージファブリック。

スウェーデンのマットなグレイの釉薬に覆われたプレート、この渋さと鳥達の模様、いいと思うんだけどなあ…

店頭にはスウェーデンで買い付けた小さめの家具がいろいろ入って来ました。ベッドサイドテーブルやソーイングテーブルもあります。30000-40000円台です。今のところ店頭のみの販売です。

読み込み中