presse blog

ヨーロッパのアンティークとハンドクラフトのお店presseプレッセのブログ

 

-presse homepage-



最近の店や旅の写真をinstagramにupしています。

パソコンからご覧のお客様は,

web.stagram.comより、

右上のサーチボックスよりpresseと入力してご覧ください。

検索

Find me on...

何気にこのフィンランドのパッチワーク風プリントの絶妙な柄バランスに気づく方は少ないのではないかと。どの模様も抑えた甘さがあります。

スッキリとしたストライプのVuokkoの布。

marimekko “Paivankakkara”、マリメッコの前身PRINTEX時代のものと、marimekko時代のものが並びます。

フィンランドのファブリックメーカーTamperaのcookコレクションの愛らしい小花模様のヴィンテージファブリック。

スウェーデンのマットなグレイの釉薬に覆われたプレート、この渋さと鳥達の模様、いいと思うんだけどなあ…

店頭にはスウェーデンで買い付けた小さめの家具がいろいろ入って来ました。ベッドサイドテーブルやソーイングテーブルもあります。30000-40000円台です。今のところ店頭のみの販売です。

涼しげに窓辺にたたずむ、ガラスの小鳥たちを集めてみました。

今週末の特集、「小鳥たちの遊び」から、連なった姿が愛らしい小鳥たちをピックアップ!

林ことみ 北欧ニットワークショップのお知らせ

毎年恒例の林ことみ先生のワークショップ、いつも札幌の熱いニッターさんや、たくさんの著作のファンの方にいらしていただいて、北欧ニットや編み物にまつわる道具や小話で盛り上がる楽しい会です。

今年は質感や色合いが特徴的な北欧毛糸を使った、ひざ掛けと
シルクツイードの糸を使ったマフラーのワークショップを林先生よりご提案いただきました。

バスケット編みのひざかけは、一枚一枚編みつなぐことにより、美しいグラデーションの色変わりを楽しんでいただけます。洗いをかけてよりしなやかな質感に変化します。

シルクツイードのレース編みマフラーは、特長あるシルクツイードの糸を使った透かし編みのマフラー。秋冬の着こなしの差し色になる美しい色と柞蚕糸の独特の質感を楽しんでいただけます。

先日旅したエストニアの手仕事をめぐる旅の様子も、現地で撮影した写真を見ながらお話出来たらと思っております。

お申し込みは当店ホームページのお申し込みフォームより承ります。

http://momentsdepresse.com/?tid=10&mode=f10

——————————————————————————————————-

「Sirriグラデーションヤーンで編む、スクエアモチーフを編みつなぐひざ掛け」

10月4日(土)11:00~3時間程度


バスケットの網目が美しいグラデーションに変化していく、特徴ある
デンマークフェロー島のSirriグラデーションヤーンを使った
バスケット編みのひざ掛けを編みます。

受講料:5800円
材料費:2000円(Sirriグラデーションヤーン 1カセ)
(店頭よりお好きな色を選んでいただきます。)

持ち物 :5号2本針、もしくは輪針
(目を休ませるための別糸は当方で用意します。)

定員:10名

*表目、裏目が編める方対象

——————————————————————————————————-

「BC GARN シルクツイードのレース編みマフラー」

10月5日(日)11:00~2時間程度


美しい色合いと質感が楽しめる、独特のネップが入った、
暖かな質感のシルクツイード毛糸を使って、
レース編みマフラーを編んでみませんか。50g1カセで編める
手軽さも魅力です。

受講料:5800円
材料費:2000円(BC GARN シルクツイード 1カセ)
(店頭よりお好きな色を選んでいただきます)

持ち物 :3号2本針もしくは輪針

定員:10名

*表目、裏目が編める方対象

ワークショップのお申し込み

当店ホームページのお申し込みフォームより承ります。

http://momentsdepresse.com/?tid=10&mode=f10

 (

[受付終了]ノールビンドニングワークショップのお知らせ

image

(お申し込みは定員に達しましたので、締め切りました。)

バイキング時代から伝わる、北欧の古い編み物技法、ノールビンドニングのワークショップを行います。

かぎ針でも、棒針編みでもない縫うような不思議な縫うような編み方は、古くから防寒用のミトンやセーターなどを編むために使われてきました。よく絡む、スウェーデンウール100%の糸を使い、特長あるノールビンドニング用の針を使って編み(縫い)進めていきます。

今回は針の持ち方、作り目から、糸のつなげ方をじっくり学び、最終的に写真のミニポーチを作っていきます。シンプルな編み地なので、表面に刺しゅうを施しても素敵ですね。presseオリジナルのダブルポイント針は、長い方、短い方お好みで持ち替えて編んでいただけます。

編み物経験は問いません。初心者でもじっくり時間をかけて学びますので編み物初心者の方も気軽に参加してみてください。

—————————————————————————————————-

「ノールビンドニングのミニポーチワークショップ」

*日時:9月27日(土)13:00~16:00

*場所:presse(札幌市中央区)

*費用:3800円(presseオリジナルダブルポイント針、スウェーデン毛糸、テキスト代込み)

*申し込み:お申し込みは当店問い合わせフォーム、メール、お電話にてお申し込みください!

当店お問い合せフォーム

メールアドレスinfo@momentsdepresse.com

電話番号:011-215-7981(定休日月曜を除く12:00~18:00)

—————————————————————————————————-

お申し込みをお待ちしております!

スウェーデンUllcentramのリネンとコットンの混紡糸、Lineaが入荷しました。さらっとした涼しげな風合いは、透かし編みショールにオススメです。

古着でしか見つからない、70年代の雰囲気たっぷりのmarimekkoのレインコートと、ワンピース。今身につけても新しく、どちらも毎日のコーディネートにアクセントを添えるデザインです。

marimekkoタサライタ、定番のボーダーシャツですが、過去のコレクションにはこんなフレッシュな色も。年代によって違う、襟や袖丈の細やかな変化も見逃せないところです。

メンズサイズのユーズドヨカポイカシャツをフィンランドで買い付けました。厚手コットンの生地がシャツとワークシャツの中間のようで、モダンな作業着のようです。なかなか見かけないヨカポイカ生地のエプロンもオススメです。

盛夏に着る、ヂェン先生のコットンリネンの服

image

image

image

先週台北まで行き、ヂェン先生のコットンリネンの服を見てきました。

盛夏の盛りに気持ちのよく、リラックスできるショートパンツ、スッキリとしながらも愛らしいくるみボタンシャツなどの今まで入荷したことのないアイテムをわずかですが見つけました。

そのほか、バルーンパンツやワイドパンツのアイボリーホワイト、グレー、ネイビー、ブルーなどの定番色、涼しく汗が身体に貼りつかないゆったりとしたシルエットのTシャツやワンピースなど、今の季節にぴったりなアイテムがそろっています。

ウェブショップでは今週金曜日21:00よりご案内いたします。メールマガジンで詳しい内容をお知らせしますね。

読み込み中